ここはグラナダTV版シャーロック・ホームズシリーズ(NHK版「シャーロック・ホームズの冒険」のファンブログです。
ネタバレありなのでご注意ください。
はじめての方はご案内(categories内にあります)をご覧頂けるとうれしいです。
<< No.5 まがった男  | TOP | No12 赤髪連盟 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
デビッド・バーク

ワトスン先生ご紹介の記事でも書いたとおり、グラナダには二人のワトスンがいました。13話「最後の事件」までのデビッド・バーク氏と、14話「空家の怪事件」以降のエドワード・ハードウィック氏です。普通役者の交代があると「前の方がよかった」などの文句があがるものですが、このお二人はどちらも高い評価を受けました。お二人のすばらしい演技ゆえの評価であることは言うまでもありませんが、個性の違いを反映して微妙に異なるワトスン像を打ち立てたというのも二人のワトスンが同時に愛されるひとつの理由だと思います。二人の入れ替わりをもってシリーズを前半後半にわけるなど、この交代劇は作品世界にも大きな影響を及ぼしました。
今回はまず初代ワトスン役、デビッド・バーク氏をご紹介します。

☆David Burke(1934-)
リヴァプール生まれ。なんと。ビートルズと同郷でしたか。実はジェレミーさんより年がひとつ若いんですよね。ちょっと意外。
ワトスン役のオファーが来た時には、大役に戸惑ったそうです。最終的には奥方の言葉で引き受けることを決意(奥様に感謝!)し、「知的で頼りになるホームズの相棒」という原作本来のワトスンを演じて大きな賞賛を集めました。
しかし、撮影のため家族と会えないのを憂えたバーク氏は、友人であるエドワード・ハードウィック氏に後を託し、シリーズを去ります。当時彼の息子さんは生れたばかりだったとのことでやむをえなかったのでしょう。とはいえ現場からも世界中のファンからも惜しまれた降板でした。

バーク氏の演じたワトスンは元軍医らしく、冒険心にあふれた若々しいワトスン。後任のハードウィック氏に比べ、背も高くはっきりした話し方のバーク氏だからこそのワトスン像でしょう。事件を追う時の彼はホームズに負けず劣らず目をらんらんと輝かせていて、まるで少年のようです。少年と言えば、腹ぺこシーンも特徴のひとつかも(笑)バーク氏がもぐもぐしている姿って「本当におなかが空いています!」って感じがして好きです。まだ育ちざかりなのかしら。
突飛なことは滅多にしませんし、面白いことをしているわけでもないのに、反応のひとつひとつがお茶目。ホームズに振り回されている時の、鳩が豆鉄砲を食らったような表情がいつ見てもかわいいです。
ホームズとの関係は・・・悪ガキ同士?(苦笑)少なくともハドソンさんはそんな風な目で二人を見ていたんじゃないかしら。もちろんハドソンさん→エドワトは「お母さん仲間」です(断言)ホームズのひどい言い様にはかなり感情的に反論したりもしていて、やっぱり若い。いいですなあ、「ダチ」って感じで。
エドワトと比べて私がはっきりと感じたのは、ホームズに注ぐ視線に陰りがないということです。この点は俳優さんの違いのせいだけではないかもしれないですね。なんて言ってもエドワトはホームズとひどい別離を経験したあとのワトですから、ホームズに対しての思い入れってバークワトとはかなり違うはず。それに後半ホームズのほうが不安定でしたしね。
というわけで心配することはあるものの、それよりも明るく快活にホームズと謎を追っているイメージの強いバークワト、とっても頼りがいのあるすてきなワトスンです。

posted by 葉月 | 00:22 | キャラクター・出演者 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:22 | - | - | - |
コメント
>つなぎめさん

ご訪問&コメントありがとうございます!新入り同士(笑)楽しくがんばっていきましょうね♪

実は私はエドワト派なんですよ〜。すみません、紛らわしい書き込みして(^_^;)
でもバークワトも大好きですよ!!本当に、甲乙つけられないお二人ですね。原作寄りなのはバークさんだと私も思います。
ツンデレなワトスン・・・素敵ですね。ツンデレワトの作品、期待しています!またお邪魔しますね♪
2009/09/17 02:53 by 葉月

こんばんは―つなぎめです(*^^)

コメありがとうございました〜さっそくお仲間に会えてとっても嬉しいです♪

頻度は少ないと思いますが良いものが書けるよう頑張ります!
まずは子犬ワトソンを目指して(笑)
こちらこそぜひぜひよろしく!


ところで葉月さんはバークワト派だとか…?
奇遇ですね、私もバークワト派ですよ〜!
(*´∀`)

エドワトももちろん好きですが、私は原作寄りな方がホムワトが書きやすく萌えやすく
バークワトだとお気に入りのツンデレもいけそうだと思いまして(笑)

2009/09/15 20:09 by つなぎめ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://atbakerstreet.jugem.jp/trackback/6
トラックバック
Search this site