ここはグラナダTV版シャーロック・ホームズシリーズ(NHK版「シャーロック・ホームズの冒険」のファンブログです。
ネタバレありなのでご注意ください。
はじめての方はご案内(categories内にあります)をご覧頂けるとうれしいです。
<< ホームズとワトスンの魅力を語る 09年ver | TOP | The Secret of Sherlock Holmes 概要 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
あけましておめでとうございます

 2010年が皆様にとって実り多き年となりますように。マイペースなブログですが、今年もよろしくお願いします!

 前回お伝えしたように、今年初めの更新は5日の予定・・・でしたが、リンク先のお知らせだけさせていただきますね。とても素敵なサイトさんばかりですから、ぜひぜひ皆さんご訪問ください!5日は予定通り更新します。

☆たちたち的嗜好回路(たちたち様)
コンテンツはジェレミー情報、ホームズトーク、日本史など。
開設一ヶ月のフレッシュなブログです!!でもすでにとっても密度が濃くて、読み応えがありますよ〜。なんといっても充実しているのはジェレミーの出演作レビュー。写真もふんだんに掲載されていて、顔がにやけっぱなしですよ。更新楽しみにしていますね♪

☆221b Baker Street(楊翠霞様)
コンテンツはグラナダレビュー。
当ブログの各話レビューはこちらのサイトさんをお手本に作りました。全然追いつけておりませんが(笑)独特の語り口が面白い、ボリューム満点のサイトさんです。女性キャストさんの紹介もユニーク。

☆Far Eastern Tale(フォックス様)
コンテンツはグラナダ情報、ロシア版情報、ホームズトーク、二次創作。
ワトスンページ「ドクターの別荘」はワトソニアンの心のオアシスです。膨大な情報量にはただただ圧倒されます。二次創作はイラスト・小説があるのですが、どちらも素晴らしい作品群ですよ。他にも素敵なオジサマ方のコンテンツがあります♪

☆Foolscap(山川慧様)
コンテンツはグラナダレビュー、正典・パスティーシュレビュー、その他ホームズ関連映像作品レビュー。
鋭い切り口でのレビューが楽しいサイトさん。とっても読みやすくて見習いたいです(笑)ともかくホームズページの豊富さを見てください!個人的なことで恐縮ですが、ジョージ・ハリソンにパイソンズと、驚異的な趣味の合い方にもびっくりしました。

posted by 葉月 | 02:38 | その他 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 02:38 | - | - | - |
コメント
>たちたちさん
こんにちは!ご紹介した写真を楽しんでくださって、うれしいです。ジェレミーの大切な二人のワトスンが、ジェレミーを想ってClapham Commonにつどったことを思うと、本当にこころが暖かくなりますね。ただ今日行ってみたら、あのページはログインしないと見られなくなりましたのでちょっと残念ですが、記憶の中に2人の姿をとどめておこうと思っています。エドワードは白いジャケットに白いズボンでしたので、白いズボンが多かったジェレミーの普段の姿を思い出しました。デイビッドは横顔(斜めだったかも)で、白いおひげに白い髪、眼鏡と帽子で、確かにちょっとわかりにくかったですね。でも前からみると、最近のお顔でもぜんぜんお変わりないです!
http://www.nationaltheatre.org.uk/35889/company-members/david-burke.html
ファンサイトにも白いおひげに白い髪のデイビッドが。
http://www.squidoo.
(続けてください)com/davidburkebritishactor
息子さんのTomも俳優として、舞台や映像作品でがんばっているようなので、ジェレミーも生きていたら喜んだでしょうね(今どこかで喜んでいるでしょうね)。
http://globe-education.org/discovery-space/adopt-an-actor/romeo-and-juliet-2004/197/478

たちたちさんのサイトの若いジェレミー、楽しんでいます。ご紹介の初期の2本の作品は筋も知らなかったので興味深いです。今度またお邪魔させていただきますね。

>葉月さん
この場所でたちたちさんとうれしくお話ができました。ありがとうございました。「The Secret of Sherlock Holmes」、楽しみです!

>ちびさん
りえさんのところでの、ミステリーチャンネルでのベスト10の中継、楽しみました!イギリスと日本、それぞれの国でのホームズ三昧、グラナダ・ホームズが愛されていることがあらためて実感できて、うれしいですね。それから、ロシア版ホームズについての葉月さんとちびさんのやりとりを読んで、俄然興味がわいてきました!ああ、でも、今はお二人の感想をにこにこしながら読むことで満足しようと思っています。
2010/01/05 20:19 by RM
素晴らしいサイトさんの数々、ご紹介ありがとうございます。
私も読みふけるうちに、正月休みが終わってしまいました^^;
ブログを作る方、貴重な情報を提供できる方、尊敬いたします。。。
私は相変わらず頂く一方ですが、ご容赦くださいませ^^;
2010/01/05 18:36 by ちび
拙ブログを紹介していただき、ありがとうございます!他の3つのサイトさん、実は私も足繁く通わせていただいているサイトさんなのです。素敵なサイトさんですよねー(^^)
今のところ日本史がまったく出てこずジェレミーばかりです(笑)方向性が定まらないブログですが、よろしくお願いいたします。

葉月さん、すみません。この場を借りてRMさんにご挨拶させて下さい<(_ _)>

RMさん、初めまして!たちたちと申します。RMさんの情報はいつも勉強になることばかりです。Clapham Commonでの2人のワトスン画像、紹介していただきありがとうございました。エドワードさんはすぐにわかりましたが、デビッドさんは一瞬誰かわかりませんでした(汗)こうして集ってくれるなんて、ジェレミーは本当に愛されてましたね!
私のブログは拙くて恐縮ですが、よろしかったらまた遊びに来て下さいね。
2010/01/04 22:51 by たちたち
すてきなサイトの紹介、ありがとうございました。思わず全部のサイトへ行って、読みふけりました。ところで私も葉月さんに紹介したいことが3つできました。勉強にお忙しい葉月さんの心を乱してはいけない(笑)と思いながらも、お正月休みだから、と自分に言い訳して書いています。それからジェレミーのインタビュー記事を読んでくださってうれしいです。私も葉月さんがお書きになったように、ジェレミーがまっすぐで、気持ちが純粋なことにいつも驚きます。小さい頃のお母様からの影響もとても強かったのではないか、とりえさんの記事を読んであらためて思います。ご紹介したインタビュー記事の出典はあのサイトにも記述がなく、今までみつけられなかったのですが(他の海外のサイトでUnknownとしているところを2カ所知っています)、葉月さんの括弧書きを読んであらためてさがしたら、「The Brettish Empire」の引用資料のリスト中で「The London Times, 2/18/90」となっていました。葉月さんがどうして推測されたのかびっくりです。ホームズ並の推理力でしょうか!

それでは以下に3つ書きますが、お返事はいただかなくていいですから。

1. 2007年3月30日にジェレミーの想い出のためにClapham Commonに樹が植えられたということはご存知だと思いますが、その時の二人のワトスンの写真が数日前にイギリスの個人サイトにのったので、うれしくて葉月さんにご紹介したくなりました!個人サイトですので、リンクを貼ってよいかよくわからないので、2行にわけます。
http://wildeaboutjb.
(このあとすぐにつなげてください)livejournal.com/17218.html

2. YouTubeのこの映像はご存知でしょうか。1972年にイギリスで放映された「Colditz」の最初のエピソードに、Captain Pat Grant役で出演するエドワードです(http://www.youtube.com/watch?v=TTJka5s6FAU)。Wikipedia等によると、この番組は第二次世界大戦時の実話にもとづいたテレビドラマとして、高く評価されているようです。ドイツのとある捕虜収容所に送られたPat Grantは逃亡しますが捕まり、決して逃げられないと言われていた別の捕虜収容所、Colditzに送られます。映像はここまでですが、この後彼は仲間と協力してColditzを逃げ出します。(3分20秒からあとはクレジットタイトルで、続きの映像ではありません)。

3. 「青い紅玉」にPeterson役で出ていたFrank Millsさんが、以前紹介してくださった「Oliver Twist」に、elderly officer役で出ていたそうです(http://www.imdb.com/name/nm0589992/)。一瞬の出演かもしれませんが、Petersonさんも大好きなのでうれしくて。「青い紅玉」にはエドワードは出ていないけど、「Oliver Twist」の撮影現場でエドワードと会ってホームズの話などしていたらもっとうれしいです。
2010/01/03 15:19 by RM
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://atbakerstreet.jugem.jp/trackback/57
トラックバック
Search this site