ここはグラナダTV版シャーロック・ホームズシリーズ(NHK版「シャーロック・ホームズの冒険」のファンブログです。
ネタバレありなのでご注意ください。
はじめての方はご案内(categories内にあります)をご覧頂けるとうれしいです。
<< No7 青い紅玉 | TOP | あけましておめでとうございます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ホームズとワトスンの魅力を語る 09年ver

 いよいよ大晦日ですね!皆様年越し準備はばっちりですか??
 今年が始まった段階では、まさか幼き日にはまったホームズ熱がぶり返すとは思わず、当然ジェレミーもエドさんもバークさんも知らず・・・本当になにが起こるかわかりませんねえ。いまや生活の潤いの中心になっていますよ♪♪♪

 さてさて、今年の総括をします!なんて予告をしたものの、なにをやったらいいものやら(笑)せっかくホームズ&ワトスンに再会した年なので、今回のフィーバーで再発見したことをつらつら書いてみたいと思います!

☆ホームズ先生
 まず最初に言えることは・・・グラナダさんと出会ってますますホームズ&ワトスンが大好きになった、ということです!二人の魅力が更に深く感じられるようになりました。ジェレミー&バークさん&エドさんをはじめとするグラナダさまのおかげです!!みなさん本当にありがとう!!!
 
 この1年間で愛がより深まったのは、ドクターよりむしろホームズです。元々ドクターが大好きだったというのもありますが、なんといってもジェレミーホームズが衝撃的でした!!ジェレミーと出会ってホームズに関しては発見の連続でしたよ。
 なんといっても一番の発見は愛らしさ。この一言に尽きます。小学生の頃のホームズのイメージって「かっこいい・理知的・偏屈なのが玉に瑕」の三拍子で大体集約されていて、おおよそ人間的な魅力には目が行っていなかったんですよ。読解力がなくてお恥ずかしい(笑)
 ところがところが!ジェレミーホームズのなんと人間的なこと!ワトスンに無茶を言っている姿も「ドクターに甘えてるのね〜子供みたいw」と見方が変わってしまいました。活字で読んでいた頃は「またドクター困らせて、本当に気分家さんだなあ」ぐらいにしか思わなかったのに(爆)

 そんなわけで困ったさんなホームズに大フィーバーな一年でしたが、当然かっこいいホームズも十分堪能できました。特にホームズが人間の情にも深い理解があったということが発見です。小さい頃はどこか人間離れしたイメージを持っていましたから。ホームズの情ってワトスンの情とはベクトルが違うんですよね。だからホームズの情は周りから見てわかりづらいし、本人もあんまり気づいていないのかもしれない。グラナダワトスンはわかっていると思いますけれどね。

 私はグラナダホームズが大好きですが、多分それはホームズが幸せな物語だからなんでしょう。グラナダのホームズはずっと暖かい人たちに囲まれていますから。もちろん正典でもホームズとワトスンの関係は生涯にわたって続きますし、別の道を行ってもつながっているというのも素敵ですけれどね。やっぱり寂しがりなホームズ先生の隣りにワトスンがいる光景っていうのが個人的には一番幸せです。というわけで来年も引き続き幸せなホームズ先生から喜びをおすそ分けしていただきたいと思います!


☆ワトスン
 ホームズが思ったより長くなってしまいました(笑)ドクターはやはり解釈の幅が広い、というのが発見かもしれませんね。ロシア版も見たことですし。語り手というのは一種の透明人間なのかもしれません。そういえばエドさんは役作りのうえで、ホームズの反応からワトスンの人柄を推測したというようなことをおっしゃっていました(すみません、正確な引用ではありません)。その役作りの仕方がエドさんらしいなとも思うのですが(笑)

 ドクターについてもうひとつの発見は「奥が深い」ということです。いえ、これは昔から思っていたんですよ!「ドクターってよく分からない人だなあ〜」って。それを改めて深く実感しました。某辞書では凡人型と言われていましたが、そうですかねえ。私にはホームズよりよっぽど内面が読み取りづらいのですが。
 それに気づいたのがいつぞやアップした「グラナダ版ホームズを愛する人に100の質問」の「グラナダ版のワトソンはホームズのことをどう思っていると思いますか?」という質問。本当に単純な質問のはずなのに、思いっきりつまってしまいました。今もう一度考えてみても、やっぱりよくわからないですねえ。

 大体ワトスンはホームズとの対比で語られることが多いですよね。凡人と天才、心と頭、みたいに。でもホームズが相反する要素をたくさん抱えている人であるなら、ワトスンはその単純な対比としての存在として成り立たないと思うんです。それに二人は結構似たもの同士だと思いますよ。根っこのところでは。

 そんなわけで「Mystical OneことDr.ワトスン」を来年も引き続き探求していきたいと思います。覚悟しててね、ドクター!多分永久にたどり着けないけれど(笑)





 今回は短く、と思ったのに結局長い(笑)。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。そして一年間おつきあいくださり、ありがとうございました!皆様がよいお年を迎えられますように。来年も引き続きよろしくお願いします!

 来年最初の更新は1月5日を予定しています!

posted by 葉月 | 15:50 | キャラクター・出演者 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 15:50 | - | - | - |
コメント
>葉月さんへ
遅ればせながら、明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします^^

葉月さんも、去年初めてエド&バークさんを知ったのですか@@?それでも、こんなにも充実したブログを立ち上げてくださったとは。凄いです☆

その上、去年はホームズへの愛が深まったのですね♪ありがとうございます^^。ホームズ(ジェレミー)はかわいい&深いですよね〜
今年はぜひ、原典ホームズの愛らしさも感じてください(^^;)
ガリデブと空家以外、どこを読んでもかなり強がってますし、白面の兵士のぼやきは皮肉でしかないと思いますが^^;早朝深夜にワトスンを引っ張り出す場面を数えたくなりました(爆)

私も葉月さんのおかげで、ワトスンが(エド&バークさん)が大好きになりましたよ。いえ、以前も好きでしたが、もっと深くという意味で♪ワトスンについて、去年は開眼しましたよ。ありがとうございます。

今年も感覚的なコメントが多くなりそうですが^^; これからも、どうぞよろしくお願いいたします 

>たちたちさんへ
こちらでご挨拶させてくださいませ^^
ブログ拝見しました☆ ♪まさにハート乱舞です♪
情報のおかげで、My Fair Lady も無事に見ることができました。
ありがとうございます。

 
2010/01/05 18:31 by ちび
>たちたちさん

あけましておめでとうございます!ご訪問&コメントありがとうございます♪
以前からいらしていただいていたなんて、とてもうれしいです。しかもこちらもリンクしていただけるんですか?光栄です♪今後ともぜひぜひよろしくお願いしますね。

グラナダさんのドクターの魅力は原作を超えているかもしれませんね。ドクターの素敵さに気づいた、という言葉は「ドクターの再評価」を目指したグラナダさんにとって最高の賛辞だと思います♪♪

私もたちたちさんのブログで色んな表情のジェレミーに会うたび、悶絶しています(笑)またお邪魔させていただきますね!
2010/01/01 16:02 by 葉月
初めまして!
あけましておめでとうございます!
たちたちと申します。
以前から葉月さんの素敵なブログを楽しく拝見しておりました。着眼点が素晴らしくてホームズが何倍も楽しくなりました。ありがとうございます♪

葉月さんは元々ドクター好きでいらっしゃるんですね。私はグラナダ版を見てドクターの素敵さに気付きました。お恥ずかしいことですが、文字だけではドクターの真の姿に私は気付かなかったかも知れません(汗)葉月さんのブログでドクターの魅力を勉強させていただいております。

暴走しがちなブログですが、こちらこそリンクさせていただけると嬉しいです(^^)

よろしくお願いいたします。
2010/01/01 00:08 by たちたち
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://atbakerstreet.jugem.jp/trackback/56
トラックバック
Search this site