ここはグラナダTV版シャーロック・ホームズシリーズ(NHK版「シャーロック・ホームズの冒険」のファンブログです。
ネタバレありなのでご注意ください。
はじめての方はご案内(categories内にあります)をご覧頂けるとうれしいです。
<< No25 四人の署名 その1 | TOP | No25 四人の署名 その3 +11月8日天声人語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
No25 四人の署名 その2

 またまた微妙に公約違反ですね。学習能力がなくてすみません(大汗)
 結局長くなってしまったので、前・中・後とわけることにしました。今回は警部殿と合流するまで。改めて見ごたえのあるエピソードですね。

 ところで全く別の話ですが、朝日新聞をとっている方、今日(8日)の天声人語ご覧になりましたか?アメリカの乱射事件に絡めて、ホームズが登場していましたね。「アフガン帰還後のワトスン博士も心身ともにぼろぼろだった」というくだりに胸がきゅっとなりました。お労しいです、ドクター。最近ロシアさんのドクターを見たので余計に胸に迫ります。(ロシア版レビューもそのうち!)次回分のレビューは短いので、ついでに天声人語の記事を抜粋で載せますね。朝日をとっていらっしゃらない方は少々お待ちください!

 それでは本題に戻って(笑)以下気になったところを箇条書きで。

〜Pick up!〜

・ 事件が起きていい笑顔を浮かべるホームズ先生。手をすりすりすりっとこすり合わせて、気合い十分です。ジェレミーさんは手がきれいだから、この動作がものすごく映えるんですよねー。
・「不可能なものを除けば真実が残る、どんなに信じがたくても」このセリフ、ホームズが元祖なのでしょうか。某児童書の探偵も同じセリフを言っていて、「あ、ホームズへのトリビュートだ!」と子ども時代に喜んでいたのですが。
・その言葉から、犯人の侵入経路を思いつくワトスン。「エクセレント、ワトスン!」この発音がジェレミーらしくていいですね♪
・そうこうするうちに、警察のご到着。正典通り非常ににぎやかです。
・いやみ全開のジョーンズ警部。ホームズに好意的でない警察関係者は結構いますが、ここまで厚かましいキャラも珍しいな。
・ホームズとショルトー兄のツーショットがシュールです。
・自信満々に見当違いの捜査をするジョーンズと、それを余裕の笑顔で見守るホームズ。かっこいいなあ、ホームズ!
・一方ホームズのお使いで名犬トビーを迎えに行くワトスン。犬だとは知らず「Mr.トビー」なんて呼んじゃってるあたりが、ドクターっぽくて素敵です。でも犬にミスターをつけたら酔っ払いだと間違えられるかもなー(笑)それにしてもここの店主(?)、喧嘩腰すぎます。
・無事屋内に通してもらうと、足元に蛇が!「絡みつくだけです」と店主は事もなげですが、ぎょっとしますよね〜。俳優さんはこんなこともしないといけないから大変だ。ハードウィックさん、お疲れ様です。
・トビーと対面するワトスン。トビーは原作の描写よりかわいいですね。ワトスンとワンコの組み合わせがなんだか似合います。ほのぼの。
・ホームズは相変わらず捜査中。屋根を下りていますが・・・ここジェレミーさん本人ですよね?こ、怖いよー。
・塔の上から元気よく両手を振ってみせるホームズ。時々ホームズはとっても無邪気な感じがします。
・そしてそのまま塔から外壁を伝って下りてみせるホームズ。・・・これ、まさかジェレミーさん本人じゃないですよね?でもエドさんの心配そうな顔を見ると、本当にジェレミーさんがやっている気も。
・グラナダさんを見ているとたまに出てくる影の演出。毎回毎回とても効果的です。
・そしてホムワト+トビーの追跡が始まります。個人的にシリーズ全編通して最も心躍るシーンの一つです。
・防腐剤の樽に行きついたトビー。ホームズの二度目の「トビー」にご注目。お茶目だな〜、ジェレミーホームズはw
・行きついた先の汽船屋の親子、仲がよさそうですね。ホームズも子どもに優しい笑顔を向けています。ホームズって子どもと動物好きですよね。ジェレミーの印象かな?原作ではあまり子どもと縁のないドクターも、元気な坊やに相好を崩しています。
・捜査をひとまず終え、仲良く帰宅する二人。トビーとたわむれるワトスン先生に、やっぱり犬が似合うと再確認(ホームズは馬かな?)。ジョーンズの捜査を報じる新聞報道に、とっても楽しそうな二人。リラックスムードで、見ているこちらもなごみます。
・そしてイレギュラーズ登場。今回振り回されっぱなしのハドソンさん、お疲れ様です。あなたはもっと怒っていいと思います。どやどやと出ていく子どもたちにふまれそうなトビーが名演技。表現力豊かな子ですね。犬に「表現力」というかわかりませんが・・・(笑)
・オーロラ号を探せ!というわけで当初はスムーズに行くと思われていた捜査ですが、なかなか情報が集まらず思わぬ難航。イライラモードのホームズのバイオリンが本当にひどいです。聞いているだけでぴりぴりキリキリ。胃が痛くなりそう。
・「お夕食は何時に?」「あさっての8時半!」・・・ホームズ先生、落ち着きなさい(笑)ハドソンさん、改めてお疲れ様です。歩くのにも困ってます。でも「あさっての8時半」はグラナダ屈指の名ゼリフだと思うんだ。
・こういう時に無理になだめないのがハードウィックワトスン。エドさんの個性を感じます。
・あっさり手のひら返しでホームズに助けを求めに来るジョーンズ警部。いやー、ここまで恥ずかしげがないとある意味清々しい(笑)
・変装しているホームズに気づかず、余計なことまで言ってしまうジョーンズ警部。変装を解いた時はさすがにぎょっとしていますね。顔赤くなっていない?


 次回は水曜更新の予定です!今度は遅れないようにします(笑)
posted by 葉月 | 00:49 | 各話感想 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:49 | - | - | - |
コメント
>ちびさん

>探偵だけでなく、いろんな分野にも通じる。

確かに!科学全般に通じそうですよね。自然科学だけでなく社会科学でも。もっと日常的なことにも応用できますし。

>事件解決前(祝い?)にご馳走までしちゃうんですよね・・・

そんなくだりもありましたね!ホームズと食事をできる、って結構レアな機会な気がしますが、ジョーンズ警部はあんまりありがたがらないかな(笑)厚顔な感じがとってもでていて、俳優さん上手でしたよね。

>足をかけそこなったホームズに、心配そうな表情をしたトビーには驚きです@@

この回の助演男優賞はトビーで!賢そうなわんちゃんですよね〜。どうやってあの顔を引き出すんでしょう??

>ホームズは犬にかまれたことが探偵への道を拓いたのですよね

その愉快なエピソードは大学時代のことでしたっけ?グラナダで映像化されていないエピソードは記憶が怪しくて・・・(苦笑)

>ホームズとジェレミーは本当に通じてます・・・

ホームズって本当に万能ですね・・・。そんなホームズを演じられるジェレミー。マイケル・コックスさんの人選は神がかっています。
ジェレミーさんが動物と戯れて(笑)いるときの表情って優しいですよね。本当にお好きなんだなあ。

>さりげなく「ひねった」所がさすがグラナダですね。原典では7時半ですもん^^(マザリンの宝石)

このせりふ、完璧なオリジナルではなかったのですか。ドイル先生センス良すぎます(笑)マザリンってちょっと変わった作品でしたよね。読み返してみなければ!

>こういうお父さんがいたらなあ・・・

エドワトがお父さんだったら絶対ぐれません!ぐれてませんけど(笑)

>・いざという時は厳しくいさめるエドワト(悪魔の足)
・舞台は同じノーウッドでも、イカサマ建築士事件で悩んでいたホームズをいたわる(いつもの悪がきコンビではなく、ここでは立派な大人な振る舞いをした)バークワト。。。

ワトソニアンの萌ポインツをあげてくださってありがとうございます!!!悪魔の足の厳しいエドさん素敵でしたね(ハート乱舞)個人的には原作パターンよりずっとずっと好きです!ノーウッドのバークワトも素敵でした!!!初めてホームズがおおっぴらにワトスンに甘えたシーンでしたね。何度も見返してしまう名シーンです。

2009/12/14 22:13 by 葉月
・「不可能なものを除けば真実が残る、どんなに信じがたくても」
 不滅の名言ですよね。探偵だけでなく、いろんな分野にも通じる。ドイル先生が考え出したのでしょうか?私も気になってます。

・ジョーンズ警部
 ホームズ全編の中でダントツの無(異)能ぶりを発揮してますね(汗)。確かに、ここまでやると清清しいです。ホームズもかえって気をよくしたか、事件解決前(祝い?)にご馳走までしちゃうんですよね・・・

・屋根を降りるホームズ
 ジェレミーさんなら嬉しいのですが、さすがにちょっと危険すぎまるかな(汗)。でも暖炉を登るのは得意ですよね^^
足をかけそこなったホームズに、心配そうな表情をしたトビーには驚きです@@

・馬・犬・子供・・・
原作でもホームズは子供好きかも。イレギュラーズ、なんて組織してしまうのだから。馬は原作でも良く登場しますし、ひょいと足を持ち上げて、なんて記述もあるし相当慣れてそう。この辺のことも、ジェレミーでなければ再現できなかったでしょう。そういえば、ホームズは犬にかまれたことが探偵への道を拓いたのですよね^^;歯型から犬の種類まで想像しているから、犬も好きそうです。これもジェレミーと同じ。ホームズとジェレミーは本当に通じてます・・・

・あさっての8時半
 さりげなく「ひねった」所がさすがグラナダですね。原典では7時半ですもん^^(マザリンの宝石)

・無理に声をかけないエドワト
いつも大人ですよね。安心感があります♪こういうお父さんがいたらなあ・・・(しかし、結婚してないのね)
ここでなぜか、2つの場面を思い出しました
・いざという時は厳しくいさめるエドワト(悪魔の足)
・舞台は同じノーウッドでも、イカサマ建築士事件で悩んでいたホームズをいたわる(いつもの悪がきコンビではなく、ここでは立派な大人な振る舞いをした)バークワト。。。
ああ、またDVD見そう・・・
2009/11/15 00:14 by ちび
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://atbakerstreet.jugem.jp/trackback/50
トラックバック
Search this site